2018.10 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.12

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

えるま〜のぃ

Author:えるま〜のぃ
もともとは東京都出身なのですが、今は青森県の津軽というところに住んでいます。ナチュラル&エコな生活をこころがけながら、ハンドメイドフェルトのバッグや小物を作っています〜

最近、より自分自身の深層心理に触れています。
よって、自分のヘンテコな部分が浮上&救出中。書き込み内容がかわってきてます(笑)

パーソナルサイト→
エル マーノィ

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログからのお知らせ


ハンドメイドフェルト


せいさく日記

ねこの写真メモ






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


































暴風雪!

丁度、一週間前のこと

ここ津軽地方は、かなりビックリな、ものすごい強風にみまわれました。
最大風速は20〜23mだったとか、、、それって台風なみじゃん!!

雪は乱れ飛び、吹き荒れ、なんだか家はずっと揺れてるし、
音はものすごいし…ハッキリいって「こ…こわい!」

この家、大丈夫なんだろうか…と何度も問いかけたよ、家に。。。

そして、夜…9時ぐらいだったかな?!
フっと家のすべての電気が消えた!!
停電だ〜〜
もう、寝るしかないよ。暗いしさ〜〜

でも、なんか緊張して眠れなかったんだよね〜
朝方まで。ひええ

翌日、電気が復旧したkらニュースをみたら、
なんと5万戸で停電していたらしい。
電信柱が折れたとか、高圧電線が切れたとか、、
お…おそろしい

近所では、前の家の屋根が一部飛ばされてて、
電線も切れてました…ブラブラと、、、

うちの方は翌日の夕方、やっと復旧したけれど、その間、
テレビも電話もつかえなくて(電話は電源はいってないと使えない)
さらに、ストーブも給湯ボイラーも燃料は灯油なんだけど、全部電気制御!

私の部屋のストーブは幸い(?)電源に頼らないポータブルだったので
大丈夫だったけど、今のストーブは使えなくて、大変寒い思いをしました(><)
親は、居間でカセットコンロ(お鍋かけるやつね…)を燃やして、さらにこたつに
湯たんぽをいれて、厚着をしてなんとか暖をとっていました。

キッチンのガスはプロパンだったので、ご飯支度には支障なかったけれど、
オール電化な家は、さぞかし大変だったろうな…


いつ復旧するか…東北電力に問い合わせても「今のところ目処はたっていない」の
一点張りで、とっても不安でしたよ〜〜

目処がたたないのは分かる…分かるけど、
もっと希望がもてるメッセージをウォンチュー!って感じで。。。
っていってもね(ハハハ…)

こうなってみて、はじめて気づいたんだけど、
家の中の物って、ほとんど電気に頼っているのね。。
なんか、考えさせられた〜〜〜

災害時のことって、あんまり真剣に考えてないし、何も備えてなかったけれど、
それ、ものすご〜〜くマズイ!と思いました。








  1. 2009/02/27(金)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

百万本のバラ

加藤登紀子さんの歌でおなじみの「百万本のバラ」の歌が
実話だっていうことは、知っていたのだけど、
先日の日曜美術館をみるまで、
それがグルジアの画家 “ニコ・ピロスマニ” がモデルだと知らなかった…


20年ぐらい前、
確か西武系の美術館で「ニコ・ピロスマニ展」を開催したときに
そのチラシの絵に人目惚れして、美術館に足をはこんだときから、
私の大好きな画家になった。
そのときの美術展の図録も今も大切にしている。。。


「百万本のバラ」も哀愁漂うメロディと、ロマンティックで切ない歌詞で
一度きいたら忘れられないほど衝撃をうけた歌


それが、ニコ・ピロスマニのことを歌っていたとは…
なんか、20年目にしてはじめて知った事実に
軽いめまいと共に変に感動をしてしまった。。。


私は、好きなアーティストとかでも、
あんまりその人のバックグラウンドとかに興味がないらしく、
その手の文章は読まないことにしている…というか読んでもすぐ
忘れてしまう。(特別に気になる人はとことん調べてしまうけど^^;)


でも、この歌のことは、できれば知っていたかったな…
なんて思ってしまった。






  1. 2009/02/13(金)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

アンパンマンって…

もうすぐ、おひな祭りですね☆

先日、近所のホームセンターにいったら、
「アンパンマン」のひな人形が売っていた。

おだいり様:アンパンマン
おひな様 :メロンパンナちゃん

「…!!」

それをみて、即座に脳裏にうかんだことは
「この二人はできてたの!?」ということだった…

そう考えてみると、男性キャラもいるし女性キャラもいるもんね
ドキンちゃんが、食パンマンに憧れてるのはしってたけど。

ほかには、だれとだれがどうなってんのかな〜〜

なんか、あんぱんまんワールドの人間模様(パン模様?)が
詳しく知りたくなってしまった〜

〜〜〜〜〜〜〜

話はかわりますが、

あんぱ〜んち!…ってキメ台詞、最初きいたときは「ギクっ」と
したんだけど(いい意味で)、やなせさんはダジャレ好きなのかしらん


そういえば、昔、やなせさんの創作ミュージカルで
「ベルサイユのバー」っていうのをチラシでみて…
やっぱり「ギクっ」とした思い出が。

http://www.anpanmanshop.co.jp/yanaseworld-html/concert.htm

これです↑

しかも「世界で一番制作費の安いミュージカル」だそうで…
なんか、いいな。みたかったかも。もうやらないのかな?!


ああ…やなせさんのセンスは、心の奥にビイ〜ンとひびきます







  1. 2009/02/09(月)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

ヨーガ

年末から、ヨーガをはじめた。

このところ、数ヶ月ぐらい慢性的な腰痛があり、
気をつけていても、ちょっと姿勢をくずして
長時間座っていたりすると、すぐに痛みだす。

腰回し体操もしていたのだけど、
すでに痛みがある腰のせいか、あまりよくならないので
やめてしまった。

…そんな時、ふとヨーガをやってみたくなり、
昔購入したヨーガの本をひっぱり出して、
気持ちのよいポーズをとってみたりしていた。
(鋤のポーズが気持ちいい)


でも、以前、自己流で本を見ながらヨーガをしていたときに
ナマジ体が柔らかいため、無理をしてしまい、
ひどく腰を痛めた経験があったので、ちょっと気をつけながら
そぉ〜っとそぉ〜っと始めてみたら、かなり気持ちが良くて
味をしめてしまった(らしい)。


本はイラスト解説なので、いまいちポーズの詳細がよく
理解できず、写真とDVDのついた本を購入。
そして、ヨガマットも(←これは重要アイテム)。


はじめてから、だいたい今日で10日ぐらいになるけれど、
腰の痛みがほとんど無くなり、さらに腰のカクカク感が無くなって
どっしりと内側の筋肉がついてきた感じがして、体の変化を実感!
(私は内側の筋肉ちゃんが足りないのだな…)
そして全身がシャンとするのが、すごい。

これはいいです!!さすが昔からの伝統的なものって、
きちんと効果がでるのだな…と感激しました。

でも、これは毎日続けないといけないのだ。。。
少しでも休むと継続するのが難しくなる気がする(私の場合)
ので、とりあえず1年は毎日少しずつでも続けようと決心。

呼吸も浅いたちなので、今年は「自然な深い呼吸ができるようになること」と、
ヨーガを続けることをボディケアの目標にしました〜(笑)
自分にきびしくいきたいです(←?)


  1. 2009/01/07(水)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

えろ…

私の名前「えり」とキーボードで入力しようとすると

e→r→i とタイプするのだけど、

最後の「iキー」を押そうとして、いつも「oキー」を押してしまい、
画面に「えろ」と表示されること、しばしば。

それが、ここ数年いつもいつもで、その度「あんたはえろい!」と
指摘されているような気持ちになって、軽いショックを受ける(TT)。

うっかり気づかずに、メールで「えろ」のまま送信しないことを
自分のことながら切に祈る毎日。。。


矢野アッコちゃんじゃないけど、「iキー」と「oキー」の間に
カミソリでもたてて、荒療治すれば打ち間違えなくなるかな?!
やだけどさ。
  1. 2008/12/28(日)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

肺の大掃除

先日、東京にいってきて、かえってきたら
途端にこっぴどい風邪をひいてしまった(><)。


帰宅した当日に、微熱がでてちょっとクラクラしたな〜っと
思っていたら、のどがものすごく痛くなって、そのうち
胸が苦しく咳がひどくなってきた。


家族には「うつさないでよね〜」と冷たい態度をされながら(TT)、
数日ゴホゴホと空咳が続くので、むせるような状態と
喉がヒリヒリして痛く、ちょっとつらい状態が続いたけれど、
4〜5日目ぐらいには、大分よくなってきて、咳と一緒に
痰が出るようになってきた。
鼻水も苦しい…


そして、さらに1日経つと、「痰」を出すために
肺の奥から咳がこみ上げてきて、
溜まった(つくられた?)痰がはがれてくるのか、
肺の中がどうもムズ痒い。


こんな状態なので、「痰」のこと、
はじめは疎ましくおもっていたけれど、よく考えたら
肺に溜まってしまったいろんなゴミが痰に変化して、
外にでてきているのだよね〜。

そう考えると大変ありがたい「生体防御反応のひとつ」ということに
気づき、、、感謝感謝!

この時期たんまりと痰を出したので、
さしずめ肺も年末の大掃除ってところかしら…

よしよし(?)


ちなみに咳って、ものすごく体力をつかうようで、
咳がでている間、昼間も眠くて仕方なかった。

  1. 2008/12/22(月)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4

読字障害(ディスレクシア)

ちょっと前だけど、NHKスペシャルで「読字障害」の特番があった。

そこで、はじめて「読字障害」という学習障害があることを知り、
あまりにも自分にあてはまる部分が多いので、「もしや私も…?!」
な〜んて思ってしまった。

でも、日本人では約5%の人が読字障害だという報告もあるそうなので、
自分がそうであってもおかしくはなさそう。。。


読む本にもよるのだけど、大体はささっと読んだだけだと、
文章が頭にはいってこない場合がほとんどで、
ブツブツいいながら、音読するのと等しいぐらいゆっくりと読まないと
理解できないし、気を抜くと、文字面しか追っていないことが多々ある。
または、重要!と思うところに、ものすご〜く線を引きまくり、
さらに文章を手書きでそのページに書いたりもしてしまう(^^;)


看板やお店でみる商品のパッケージなども、
ぱっと見るとき、「読んで記憶している」というよりは、
写真を撮るような感じで「画像を記憶している」感じがする。


必要があれば、記憶から画像をひきだして、それを
改めて読む…ということをしているので、例えば漢字で
記憶している場合は、読み方を間違える事もあるし、
近眼なので、ボオ〜っとした外形だけを記憶しているときもあるように思う


でも、かと思えば、1回読んだだけでもスラスラと内容が入ってくる本も
あるのだから不思議だな…と思う。



NHKスペシャルでは、読字障害の人は「空間処理能力」が
高い人が多いということも紹介していた。


たとえば、ある読字障害の若い建築家を取材していたのだけど、
彼は、建物の平面図のみの情報だけで、頭の中でそれを組み立て、
頭の中で3Dになった物体を、さらに色々な角度からグルグル回して
知覚することができるのだという。


それを見たときに、「あ、私もそれできる〜〜」と共感し、
同時に「私も読字障害かも…」という気持ちを強くしてしまった。


…私も以前は図面を描く仕事に携わっていたことがあり、
頭の中で立体にして、様々な角度から確認をした建物やレイアウトを
平面に落とし込んで描く…ということをしていたので。。。


図面を描く人なら多分どなたでもそういうことを
しているのかも知れないけれど。。。どうなんだろ〜〜


まあ、今のところ生活に支障はないのだけど、
もしかして読字障害かも…と思うと、読むのがものすごく遅いとか
文章の内容が頭にはいっていきにくいとか、ちょっぴり
コンプレックスを抱いていたので、なんだか納得できて気持ちが楽になるな…
  1. 2008/12/19(金)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

タラコのにおい

また、口角のあたりがガビガビしゃんになってしまった。。

昨日、届いたヴェレダのホメオパシー「カレンディラ軟膏」を
塗りまくっていたら、ものすごく良くなってきてビックリ。

今日は、大分よくなって、軟膏塗ったところを
ちょっと触ると、ポロポロとダメージをうけた時にでる
汁が固まったものがとれてくる。

それで、このとれたやつをクンクンとにおったら、
タラコのにおいだった。

たんぱく質と、オイリーな感じのにおいが混ざると
タラコっぽいのかも。

  1. 2008/11/15(土)
  2. つぶやき
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0