2008.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2008.04

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

えるま〜のぃ

Author:えるま〜のぃ
もともとは東京都出身なのですが、今は青森県の津軽というところに住んでいます。ナチュラル&エコな生活をこころがけながら、ハンドメイドフェルトのバッグや小物を作っています〜

最近、より自分自身の深層心理に触れています。
よって、自分のヘンテコな部分が浮上&救出中。書き込み内容がかわってきてます(笑)

パーソナルサイト→
エル マーノィ

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログからのお知らせ


ハンドメイドフェルト


せいさく日記

ねこの写真メモ






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ


































ホメオパシー…な日々?!

先日購入した書籍、由井寅子さんの「ホメオパシー in Japan」
すごく面白かった。

もっともっと、ホメオパシーのことを知りたいな〜っと思って、
下記の書籍も購入してみようとおもい、ピックアップ。

















「レメディーノート I」が、「ホメオパシーin Japan」のレメディをさらに
深く掘り下げて書かれているとのことなので、まずはこれから読んでみようかな…
と思っています。

次は、「バイタル・エレメント」を読もうかな…
「キッズ・トラウマ」も面白そう、子供はいないけど、
インナーチャイルドの癒しについても、記述があるそう…
なんたって私自身がトラウマだらけの幼少時代をすごしていたので(笑)。




3/28(金)
早朝、あまりのカユミに早起き!(笑)
ラストックス 200C ナメナメして、シャワーを浴びたら、
なんとかカユミが落ち着きました…でも、痒いことは痒いのだけど。。。


[ホメオパシー…な日々?!]の続きを読む

  1. 2008/03/30(日)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

ホメオパシー…その後

ホメオパシーを摂ってみて…

よくみたら、友人から頂いた「ラストックス」というレメディは、
高ポテンシーの 200C というものでした…

そのためか、作用が強かったのかもしれないけれど、
レメディを飲み始めてから3日後(3/24月)に、いきなり体が痒くて
仕方なくなる…発疹のようなものはないのだけど、
腕、背中、胸、腹、太もも…などなど、とにかく「かゆい-!!」
ボリボリ掻きながら、しばらくするとカユミが嘘のように治まり…
そしてまた痒くなる…を繰り返す。

[ホメオパシー…その後]の続きを読む

  1. 2008/03/27(木)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4

ホメオパシー…初体験

きのう、友人から「ラストックス」というホメオパシーのレメディが届いた。

2本ストックがあったそうで、顔腫れで苦しんでいる私に、
1本試してみて…と送ってくれました。(感謝です…ありがとう)


いままで、フラワーエッセンスは使っていたのだけど、実は
ホメオパシーは初めて。
なんとなく、ご縁がなかった…というか、あまり興味がなかったのだけど、
今回使ってみて、ちょっと興味がでてきました〜〜

とりあえず、色んな本を読んでみたりしたいな〜と思い、
下記の本を購入。。。

読んだみなさんのレビューが良かったので、届くのを楽しみにしてまっす。








[ホメオパシー…初体験]の続きを読む

  1. 2008/03/23(日)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:5

漆のカブレ…かも

きのう(3/21)に、また皮膚科へ

朝起きたときには、殆ど腫れもひいて、元の顔にもどりつつあり…
ホっとしました。

ただ、まだ、下膨れ状態で、皮膚には赤みがあり油断のならぬ状態。
この腫れってなかなかひかないんですね〜


病院で処方された軟膏は、純度の高いワセリンに
デルモベート0.05%を混ぜたもの。
ステロイドホルモン剤なので、気持ちとしては一刻も早く
使用をやめたいと思っているのですが、お医者さんに
「こちらも責任があるから、ちゃんと塗ってください」と
いわれました〜(汗)

ハーブ水をつけてるといったら、とりあえず治療中は控えて
軟膏だけにして欲しいとのこと。
ここは、ひとまず従う事に……


内服薬のため、胃が痛くなったことと、肝臓が腫れてきたと
告げると、注射の内容(肝臓にいいらしい)を変えてくれました。
やっぱり、あれだけの症状だったので、かなり強い薬を処方していた
らしいです。

そうそう、この日もやっぱり注射…
注射って、ダルくなりますね。。帰りの車で、ぼーっとなります。


ちなみに、肝臓が腫れているのは、右のあばら骨の下に、指が2〜3本
スッと入れば大丈夫。もし、つっかえて入らない人は、腫れてますよ〜。
肝臓のお手当をしたほうがよいかも…です。


[漆のカブレ…かも]の続きを読む

  1. 2008/03/22(土)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

カブレ…でした

3月10日から、急に腫れ上がった私の顔ちゃん。。。

これまで、発疹のトラブルはたくさん経験してきたけど、こんなに
ヒドイのは初めてでした〜〜

…ここ何年かは医者にかからないようにしていて、
ケミカルな薬を飲んでいなくても、ちょっとした病気は、
家庭の手当で治してきたので、今回も「ナチュラルなお手当で治そう!」と
気合いいれてがんばってみましたが、
3月18日の夜、急に悪化して、顔はさらにパンパン、目も口も開かず
傷をつけてしまったようで、顔から汁(滲出液)がダラダラ出て、
かゆみと痛みで、まるで眠れず…
顔面なので、よけいにつらい。。。

そんなこんなで、命?の危機を感じ…やっと意地はってる場合ないぞ〜〜っと
いうことに気づき(^^;)、皮膚科にいってきました〜〜。


【経 過】

●3月16日〜17日 夜中

顔の腫れは、だんだんと良くなってきていたのに、夜中にものすごく痒くなって、
バッチのレスキュークリーム(ファイブフラワークリーム:ヒーリングハーブス社)を
もっていたのを思い出し、試しに塗ってみたら、一瞬カッと顔が熱くなったのだけど
かゆみがスーっと消えて、よかった〜と思い、すこしウトウト…

レスキューって、虫さされや、打ち身、火傷にはものすごく効くのだけど、
今まで、普通の発疹にはあまり効かなかったので、今回の症状にも効かないだろうと
思って使っていなかったのだけど、今回は効きました〜〜
…ということは、この発疹&腫れは外的な要因?


でもその後、顔になんともいえない違和感。。。
「なにかおかしい」と思って、成分表示をみたら、な、な、なんと
「ラウリル硫酸ナトリウム」が〜〜〜!
これは、有害化学物質で指定成分の、いわゆる「合成界面活性剤」では
ないですか〜〜!!
ほかにも、皮膚に対して弱いながら刺激性をもつ「セテアリルアルコール」とか、
「ホウ酸ナトリウム」とかが入ってて…信用していたメーカーだっただけに、
私はショックでした。

…で、そのせいかどうかは、分かりませんが、次の日大変なことに〜〜。



●3月17日〜18日 夜中

またまた、いざ床にはいって、寝る段となってから、痒くなる顔…
傷から、ポタポタと汁がでてくるのをティッシュにしみ込ませていたら、
ゴミ箱がいっぱいに…(><)

紙がもったいないな〜なんて、おもいつつ、このかゆみ…何か良い方法はないかしらんと
思い、昨日のレスキュークリームは効いたけど、もう使いたくないので、
とりあえず、レスキューレメディとクラブアップルレメディを適量服用してみた…と、
次の瞬間、ポタポタ程度でていた顔汁が〜〜ボタボタボターっと
すごくたくさん出はじめて、とってもびっくり…

たくさん運動した後の汗のように、ダラダラ足れてくる様に、驚嘆と怖さを感じて、
「これは、病院いったほうがいいかも…」と、ついにギブアップでした〜。

しばらく眠れず、顔汁を拭き取っていたのですが、「朝、病院いくんだ!」って
決意したら、急に緊張感がほどけて、眠たくなってきました。。。


そして、布団が汚れてもいいようにタオルなどひいて、ちょっと寝て…起きたら…
さらにさらにさらに! 寝る前よりもパンパンパンに腫れ上がって…
相撲取りのよう。。。肌は顔汁でガピガピ、目のまわりもパンパンで
ちょっとしか目が開かない…。


ちなみに、この汁…
ずっと、単純ヘルペスとの合併症状とか、トビヒの様なものだとおもっていたので、
「この液がついたら、発疹が広がってしまう〜〜〜っ」ということで、拭き取って
他につかないようにしていたのですが、この顔汁(滲出液)は、傷を治してくれる
ありがた〜い「お汁さま」だということを知りました。

 血漿成分からなる液で、皮膚細胞内に存在するときは“組織間液”と呼ばれるものだそう…
 皮膚に傷があると、外にでてきて、傷の修復に一役かっているそうで…
 
 近頃は、傷口を消毒せず、水洗いして乾燥させないように覆うことで、治りが早く
 痛みもやわらぎ、傷跡がのこりにくいという治療法「モイストヒーリング(湿潤療法)」
 というのが傷の修復に推奨されているとか。
 それには、この「お汁さま」が重要なのだそうです。

 な〜んだ、いい液だったんだ〜!…だからレスキューを服用したとき、
 自己治癒力が高まってきて、汁が急に多くなったのかしらん。。。?!
 


●3月18日 朝

車で20分ぐらいのところの皮膚科に連れて行ってもらう。
なんでも、腕がよいそうで、父も以前、「紫外線アレルギー」とかで、
両手の甲がパンパンに真っ赤に腫れて…すごかったとき、何ヶ月も通っていた病院で
さして改善もみられなかったけど、そこの病院に変えたらすぐに症状がよくなったそうで。。。
…大きな病院から、独立開業した脂ののった40歳代くらいの先生らしいです(期待!)

もう入院かも…と覚悟して行ったら(実際、母は家で入院の準備をはじめていた
らしい、笑)、ぱっと見て「すごいね〜〜。漆にかぶれたの?なんか食べた?」と
いわれて、ちょっと拍子抜け。


「よくわからないですが、タイの布を切っていたら、急にダルくなって、かゆみが出て…
 すこし仮眠して起きたら、顔が腫れてました〜」といったら、「かぶれですね〜」と
いわれ、「でも、こんなにヒドいの、久しぶりに見た…」とちょっと心の中で、
嬉しそう?!なのを感じましたわ…お医者って……ヘン。

ちなみに「私は、あまりにヒドイ状態なので、単純ヘルペスとの合併症かと思いました」と
いったら、「この状態でヘルペスなら、即入院です」と返されました(笑)

何にしても、ただの「カブレちゃん」で、大事なくて、ホッとしました〜〜♪

あとは、お注射して、薬を処方してもらい、診察は、さささっと滞りなく終わり、
家に帰ってきました。


夕方すぎたら、薬の威力で、顔汁はとまり、腫れもすこしひいてきた。
傷が塞がったんですね。ケミカル恐るべし?!

流水で優しく洗うのは良いそうで、処方の軟膏を薄めに、手で上から
そっと押さえるようにつけてくださいね…といわれました。

なるほど〜。
指でなぜたり、患部の上で伸ばしたりすると刺激になってしまうのですね…


-----処方された薬(2日分)-------
内服:
●プレドニン錠 5mg(朝夕食後2錠):炎症・アレルギー反応を抑える
●ニポラジンン錠 3mg(朝夕食後1錠)
 :抗ヒスタミン薬、皮膚疾患・アレルギー反応を抑える
●セフゾンカプセル 100mg(朝昼夕食後1カプセル)
 :細菌による感染症の治療に用いる

外用:デルモベート軟膏0.05%
   ※プロペト(主成分白色ワセリン)に混ぜてある
   ステロイドホルモン剤、刺激に対する体の過剰反応を抑え、
   ただれ、かゆみ、こわばり等の皮膚症状を改善
   
   ワセリンのようなベタベタ感と、石油由来の軟膏は苦手なので
   (違和感と痒みが〜)、マメに、顔面を水で(優し〜く)洗って、
   何度も軟膏を塗り直すことに、、、

   洗う時は、ごくごく薄い重曹水で。
   さらに、自家製バラビネガー水で仕上げ洗いしてました☆
   水道水でそのまま洗うより、やわらかい感触なのです〜
-----------------------
  
   
●3月18日〜19日 夜中

薬を飲んでいるのに、寝ようとすると痒くなり、夜中に2回も目が覚め…
顔を水で洗って、軟膏を塗り直してました〜〜


●3月19日 朝

腫れがかなり引いて、目が2/3ぐらいまでは、開くようになりました〜
嬉しかったのが、口を大きめに開けても痛くなくなったこと。
食事や、歯磨きが楽になりました〜(T^T)

そして、また、皮膚科へ。

夜中に痒かったことを告げると、薬が1つ増えました…汗。
そして注射を1本! 注射と飲み薬でダルダルになります。。
次回は、あさって金曜日に来院予定。


-----処方された薬(2日分)-------
内服:
●プレドニン錠 5mg(朝夕食後1錠):炎症・アレルギー反応を抑える
●アレグラ錠 60mg(朝夕食後1錠)
 :抗アレルギー薬。アレルギーを抑え、鼻炎、じんましん、湿疹、皮膚炎等改善
●ニポラジンン錠 3mg(朝夕食後1錠)
 :抗ヒスタミン薬、皮膚疾患・アレルギー反応を抑える
●セフゾンカプセル 100mg(朝昼夕食後1カプセル)
 :細菌による感染症の治療に用いる

外用:デルモベート軟膏0.05%
   ※プロペト(主成分白色ワセリン)に混ぜてある
   ステロイドホルモン剤、刺激に対する体の過剰反応を抑え、
   ただれ、かゆみ、こわばり等の皮膚症状を改善
-----------------------------
  

世界の民芸物に詳しく、私と同じアレルギー症状も経験した友人と電話で話していたら、
「顔が、ひどく腫れ上がるのは、漆のアレルギー症状だよね、、、」と
 ちょっとだまってから、
「タイって、漆の工芸品も盛んで、タイシルクの染料になんらかの形で、
 漆が混入したか、漆を染料で使っていたかも…なんか聞いた事があるよ〜」っと。

…それが、本当だとしたら、漆かぶれなのかしら。
 アレルギー体質のうちの父も、漆はかぶれるといっていたし。
 
 タイシルクをたくさん、部屋の中で切っていたから、一時的に布埃を大量に吸って
 しまったことは考えられるし、、、
 タイの粗悪な化学染料のせいかと思っていたけど、目から鱗でした。…


それから、ホメオパシージャパン社のレメディで、アレルギー疾患の
かゆみにとても効果の高い「ラストックス(毒蔦)」のレメディを
すこし試しに送ってくれるとのこと…うれしい。感謝〜〜!!

〜〜〜このレメディーの大特徴〜〜〜(ホメオパシージャパンのサイトからの引用です)
◎捻挫と筋違いのNo1レメディー
◎筋肉の痛みと凝り、強ばり、リューマチ
◎大きな関節(腰、肩、首)
◎水疱瘡、ヘルペス、ハシカ、インフルエンザ
◎アトピー(赤いぶつぶつと痒み)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

彼女は、ものすごく、このレメディに助けられているそうなので、
ちょっと期待。。。

これが効いたら嬉しいな♪ ケミカル薬とさよならできるので☆


外用に、ドイツ・マリエン薬局にて、ドイツWELEDA社のジェルやクリームを購入。
薬用カレンデュラジェル 25g は、クリームもありました〜。
効果は同じなので、使用感で選んでくださいとのことでしたので、ジェルにしてみました。
下記、3点を購入〜。

●ドイツWELEDA社 薬用カレンデュラジェル 25g
●ドイツWELEDA社 薬用アーニカクリーム30% 25g(打ち身、ねんざ、肩こりに)
●ドイツWELEDA社 薬用コンブドロンジェル 25g(日焼けの後や虫刺されに)


◎ドイツ・マリエン薬局
http://www.marienremedy.com/

◎ホメオパシー・ジャパン
http://www.homoeopathy.co.jp/index.html












  1. 2008/03/19(水)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2

りんごの梅煮

肝臓によいとされる、酸味のレシピを考えてみました〜
(湿疹でてるので、肝臓と腎臓と腸もお手当です♪)

酸味の代表ともいえる「梅干し」と「りんご」を一緒に煮ただけの
シンプルなデザートです

なんとなくの思いつきレシピだけど、甘酸っぱくて、ほんのり梅味で深みがあって
これがとってもおいしい〜〜♪
というか、私が今、欲している味なのかも。






りんご:2〜3コ
梅干し(梅と塩だけで漬けたもの):1〜2コ
水:適宜


●リンゴは皮を剥いて、8等分のくし切りにして、
土鍋(私はマスタークック使用)にならべる。
無農薬栽培のリンゴなら、皮付きのままでOK。


●梅干しをリンゴの上に入れ、全体がかぶるぐらいの水をいれて、
中火にかける。
沸騰したら、ごく弱火にて、1〜2時間ぐらいコトコト煮る。
水が殆どなくなって、リンゴがくったりしたら出来上がり♪



  1. 2008/03/16(日)
  2. マクロビ、自然食
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2

カポジ水痘様発疹症…かも

症状がでてから、今日で5日目…
ネットで、またまた色々みていたら「これだ〜!!」という写真を
運良く?発見。私の状態とそっくりの、目のあたりを黒線で消してあるお写真と、
具体的な症状が。。。


「カポジ水痘様発疹症」というのだそうで、「アトピー性皮膚炎」に
「単純ヘルペスウィルス」が合併すると発症するらしいです。
見たときに、あ〜〜多分これだ〜〜っと、思いました。
カポジってどういう意味だろ…カポジさんって人が発見したとか…なのかな?やっぱ。

ちなみに「単純ヘルペスウィルス」は体の抵抗力が十分にあると発症しないらしいです。


私の場合、まず、アトピーではないのだけど顔に湿疹がでていたところに、
疲れがあったことを無視して、さっさと排毒しちゃおうとして、
リンゴダイエットを3日間したので抵抗力が落ちていたのだと思います。
あと、生理前だったというのも関係あるかもしれません。


普段、疲れを感じたりしない方で(鈍感!)、いつもちょこちょこ動いていて
あんまりきちんと休みをとらないので、気づかなかったけど、
体は悲鳴をあげていたのですね〜〜

…でも、ちょこっとやる気のなさを感じていたので、バッチの
フラワーエッセンス「オリーブ」をちょいちょい服用。

これを飲むと、体からジワ〜っと力が湧いてくる感じになっていたので、
結構お疲れモードだったのですね…ごめん!わし。


実際、「カポジ水痘様発疹症」を発症した人の体験談とかを読ませていただいたのだけど、
かなりの倦怠感とか、食欲不振になったり、発熱したりされたとのこと…
う〜ん、私の場合、食欲はばっちりだし、倦怠感もない…多分。
でも、無理しないで、ヒマさえあればゴロゴロするよう気をつけています(^^)。


病院で処方された薬を飲むと1週間ぐらいで症状がおちくつらしい。。。
アシクロビル(商品名ゾビラックス(Zovirax))という薬らしいです。
抗ウイルス効果があるそうなので、やっぱりこれに代わるものは、
「梅肉エキス」でよさそう。。抗菌作用、抗ウイルス作用も望めるそうですし…
(ハッキリと明記されている本は少ないけれど)


【5日目…】
食事
朝:7分搗き雑穀入りご飯、小松菜のみそ汁(豆味噌、麦味噌)にとろろ昆布
  梅干しと醤油としょうが入り葛練り
昼:7分搗き雑穀入りご飯、みそ汁(豆味噌、麦味噌)にとろろ昆布、大根のぬか漬け

夜:リンゴの梅煮

雑穀は、もちあわ、もちきび、はと麦、そば実、赤米、緑米を入れてます〜
これは、適当に好きなものを入れてるだけです♪


●新お手当として…
葛粉微粉末(コーンスターチでもOK)にカユプテ精油(またはティーツリー精油)と
ラベンダー精油を混ぜて、かゆいところにはたく。

抗菌作用や殺菌作用に加えて、つけ心地は、ちょっとス〜っとして、かゆみが
まぎれる。水疱の汁も乾きやすいので、いい感じかもしれません。


  1. 2008/03/16(日)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

春はばけもの…

今、顔中が晴れ上がり…じゃない腫上がって、水疱で真っ赤かになり
すんごいことになっています。

顔がばけものっぽくて、ちょっと、面白い体験なのでメモっておこうと思います。
経過として顔面写真も毎日撮っていますが、公開は…多分しないです(笑)


単純ヘルペスか、疱疹状皮膚炎にちかい症状なのでどちらかなのだと思いますが、
両目の下の水疱群と、両口角の水疱群がすごいです。。。

すこしかゆみがあるけれど、それほどでもなく、
それよりは、カピカピなので、表情筋を動かすと引きつれて痛い。
さっき、トリビアをみていたら、うっかり笑ってしまい痛かった〜〜(TT)
食事は、おちょぼ口モードです。
一生このままだったら、卑屈になるな〜多分、、、
絶対治ると思っているので、楽しんでられるんですけど(笑)!

医者嫌いなので、絶対に医者にはいかないつもりで、ケミカルな薬はつかわず
自然なお手当だけで治るかどうか、実験してみることにしました〜♪
自然療法がお好きな方のご参考になれば幸いです。

●顔の消毒→ ビワ葉の焼酎漬け、ビワ葉の煎じ汁、ティーツリー 使用

●抗生物質のかわり→ 梅肉エキス 使用(大豆大を、1日4回オブラートに包んで服用)

●ほか皮膚のお手入れ→ バラ水、バラ精油などはいったナチュラルな美容オイルなど


…で、単純ヘルペスだとすると、感染するらしいので、家族にうつらないよう一応気を遣う日々…
原因は心身の疲労か〜フムフム…
3月上旬は上京したとき色々あったからな〜


でも疱疹状皮膚炎だとすると、小麦・大麦・ライ麦のグルテンのアレルギーが原因とか。
これも、心当たりが…
パリットフワットさんの、おいしいパンいっぱい食べちゃったし

ちなみに、ルイーズ・ヘイのその病気をつくる考え方では、

疱疹状皮膚炎:
→煮えたぎるような怒りがあり、それを口にしてしまうことを恐れている。

のだ、そうです。そ、そうなのか〜〜、なんだろう意識下のものかしら。
どちらにしても、顔面のトラブルは、「ありのままの自分を受け入れていない」らしい…
…そうなのね…にしても、この状態はあんまりだわ〜(笑)
よっぽどのことが…?!


【はじまりは…】
原因は、よくわからないけど、こんなにひどくなる前から、
頬に玄米による排毒?の湿疹がすこしでていて(3/2夜から)、
3/10夜、裂き織りのために、オールドタイシルクのボロボロになったスカートを
1センチ幅に切って糸にする作業をしていたら、急にすごくダルく眠くなって
ちょっと頬がかゆくなった(この頃は、湿疹もかなり良くなっていた)…ので
小1時間ほど、横になって起きたら!「か、、顔が腫れとる!…ゲ」
ちょっと、うろたえて里芋パスターなどしてみてから、その日は就寝。。


【翌日…】
翌朝、さらにひどく、水疱までできて割れて汁気がでている。。
この時点で、腫れは最高潮!!

鼻の付け根が、まっすぐになっている…
顔全体が、相撲取りの様にパンパン!そしてとにかく汁が出るわ出るわ(汗)

何を思ったか、腫れをひかせようと思い、里芋パスターをつけてみたが、
ひかず…それどころか、またまた汁が…

布を切ってから、すぐに症状がでたので、化学物質過敏症の症状かな…と思い、
この日から、ケイシーのリンゴダイエットで「排毒作戦」を決行。


【2日目…】
腫れ、水疱は改善もなく、そのまま…
ひまし油がいいかも〜と思って、無漂白ネル地で、目鼻口をくりぬいた「顔マスク」を
つくってヒマシ油をしみ込ませ、顔にあてておく。

ネットで色々検索していたら「単純ヘルペス」に症状があてはまることが分かり、
最近ヘルペスになった友人に電話したら、「水疱は乾かし気味がよいかも」とか
「栄養とってゆっくりしていたほうがいい」とアドバイスを受けて、
とりあえずリンゴダイエットは、中途半端になってしまうけど、今日で中断することに。

挑戦状…じゃない腸洗浄を念のためにしておく。


【3日目…】
朝起きたら、すこし腫れがひいて、目のまわりが楽になり、視界が広がった。
水疱も乾燥してきて、汁があまりでなくなりカピカピ状態に。

食事は
朝:梅干し、醤油、生姜汁入りのくず練り
昼:そば粉のスープ
夜:甘い野菜のスープ、丸麦とアマランサス入り
寝る前:第一大根湯

この夜、またネットで情報を探していたら「疱疹状皮膚炎」の可能性もあることが
分かり、原因が小麦グルテンのアレルギーと知って、
「う、さっき丸麦たべちゃった…」とあせっていたのですが、なんとか大丈夫でした。
では、疱疹状皮膚炎の線は消えたのかな…?!


【4日目…】(今日です)
大分、腫れもひいた。鼻の付け根もでてきました(笑)。
依然、顔は真っ赤かで、汁がでている水疱もあるけど、全体的にはよくなってきて
ホッとしています〜
このまま、どんどん良くなると嬉しい。
ヘルペスの場合は、何もしなくても2週間ぐらいで自然治癒するらしいから、
とにかく、かゆくても掻かないように気をつけること!と自分にいいきかしてます〜

食事は
朝:甘い野菜のスープ、梅醤番茶
昼:甘い野菜のスープ、7分搗きの雑穀ごはん
夜:なし(お昼食べ過ぎで食べられなかった…)

  1. 2008/03/15(土)
  2. カラダのこと
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2